特定非営利活動法人「むゆうげん」

特定非営利活動法人「むゆうげん」

特定非営利活動法人むゆうげんは2015年4月に「地域でつながる活きいき生きぬく well being を支えたい」この理念を掲げて誕生しました。
私たちの事業は、疾病や障がいがあっても安心して自宅で過ごすことができる、あるいは望む生き方をその方のものがたりの中から見つけ、それができるだけ叶うような支援を行いたいと考えます。

多様な価値観や事情のある地域の方々が人生の最終段階まで安心して穏やかに過ごせるそんな支援を看護・介護の力でかなえられると信じているからです。看護の力で寄り添う心を込めたケアを提供し、利用者さまの望む生き方に添える看護を目指します。
地域の人々が、健康について考え、互いに助け合って、よりその人らしく生ききることが可能な、そんな地域として発展できるようチームの一員でありたいと考えています。

私たちは、その方の生活上の困りごとを自分事として捉え、心をこめたケアを提供し、その方の生き方に寄り添える看護・介護を目指します。

会社概要

名称 特定非営利活動法人 むゆうげん
設立 2015年4月
代表者 木本 伸一郎
所在地 〒825-0014 福岡県田川市魚町10番24号
TEL 0947-45-7507 FAX 0947-45-7505
活動実績
  • 2015年04月 特定非営利活動法人「むゆうげん」を設立。
  • 2015年10月 日本財団在宅看護センター 訪問看護「一会」を開設
  • 2016年03月 日本財団在宅看護センター 訪問介護「一会」を開設
  • 2016年04月 日本財団在宅看護センター ホームホスピス「わこの家」を開所
活動ビジョン

世界でも類をみない速さで進む少子高齢化。この課題に関してわが国の施策はそのおかれた特性から都市部・地方部・過疎部と分けて考えていく必要がある。
この福岡県田川地域は、日本で最も人口に比して介護施設、事業所が多く点在する地域である。
高齢者施設が潤沢に存在するということから、この地域においては退院後も介護が必要となっている状況にあれば、そのまま施設入所が選択できるということがほぼ確実に可能なのである。

地域包括ケアシステムが推進されるなか、治す医療から支える医療へ・入院から在宅へとシフトチェンジが叫ばれている。
この地方の地域性も鑑みて「自分らしい暮らしがしたい」、又は家族が「させてやりたい」という信念を持ってそのうえ事情が許す人が、在宅療養を選択するというような現状がある。
ホームホスピスでは疾病や介護状態にかかわらず、自分らしい暮らしを希望することを叶えるというライフスタイルの支援があり、さらに「ひとつの家族としてのとも暮らし」ができるということが大きな理念として掲げられている。

私たち特定非営利活動法人むゆうげんは、クレド(信条)を以下のように定めた。
「む」・・・無限に広がるコンセプト「あなたやあなたの家族をひとりにしない」
「ゆ」・・・ゆったりと穏やかに過ごせる環境を整えます。
「う」・・・うまくいったことに自信を取り戻せる機会を創ります。
「げ」・・・現状維持のなかにも希望を見出す支援をいたします。
「ん」・・・尊厳を尊重する姿勢で臨みます。

全職員がこの「クレド」を唱和することで、利用者・入居者さんの24時間365日の安心・安全並びにご家族の心に寄り添える支援を行うことに全力を注ぐ。
また、地域のネットワークに参入し、人々が自分の人生をどう生きるかを考え選択できるよう働きかける。広く情報を開示、提供し自らの評価にいかせるよう客観的な意見を取り入れる。
全国ホームホスピス協会の基準をクリアできるように環境を整えレビューを受けること、教育研修を積極的に実施するなどで質を高め職員の自信につなげる。
地域のイベントに協力することで地域のなかで生かされていることを自覚し、貢献していきたい。

アクセスマップ

特定非営利活動法人「むゆうげん」
〒825-0014 福岡県田川市魚町10番24号 TEL:0947-45-7507 FAX 0947-45-7505

お気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせはこちら